プロに相談する

レトロな椅子

DIYで家具を作るときによく考えなければいけないのは、どう言う木材を使って家具を作るかです。当然ながら、木材にも色々な種類があります。どんな家具を作るかによって、合板を使うか集成材を使うか、または無垢材を使うか決めなければいけません。とは言え、この家具にはこの木材を使わなければいけないと決められているわけではないです。使う木材の特徴を知っておくのも、DIYでは大事になってきます。 最近は、無垢材を選ぶ人が多いです。DIY初心者は、合板や集成材を選んだ方がいいと言う人もいますが、DIY初心者が無垢材を選んでも何の問題もありません。ただ、無垢材は高価なものが多いと言うことは、頭に入れておきましょう。

無垢材は高価なものが多く、特別な感じがすると言うことで、その辺では売られていないだろうと思っている人が意外と多いです。しかし、現在ではホームセンターで買えます。おそらく、無垢材を扱っていないホームセンターは無いでしょう。 簡単に入手はできますが、無垢材は1種類しかないと言うわけではありません。例えば、スギとヒノキでは特徴が異なります。ですから、選ぶときにはそれぞれの特徴を店員に聞いていくことです。 どんな家具を作りたいか店員に伝えれば、適した無垢材を教えてくれます。自分で覚えてもいいですが、無垢材は10種類以上存在するので、ひとつひとつ覚えるのは大変です。やはり、プロに聞くのが一番手っ取り早いでしょう。